新築物件or中古物件…どちらを選んだほうがいいの?

マイホームを買うときには、さまざまな観点から購入する物件を絞り込みます。立地選びや「戸建て住宅・マンションのどちらにするか?」も決めるべき課題のひとつになるでしょう。

そのほか、「新築か中古か」も決めなければなりませんが、どういった特徴があるかを知っておくと選ぶときの参考になります。それでは、「新築・中古」の特徴やメリット、デメリットなどについて解説していきます。

◆購入価格で比較してみよう

「新築」「中古」を比べたときの大きな違いが、購入価格です。「築年数はどのくらいか」「どんな立地にあるか」によって物件の価格は異なりますが、中古物件は新築と比較するとかなりリーズナブルです。立地や間取り条件が同程度なら、中古購入の方が断然オトク感があるでしょう。

中古物件を買う人の多くは、リフォームも視野に入れていますが、「中古物件購入+リフォーム」だとしても新築よりも安く済むでしょう。

お金がかかっても新しい家に住みたい気持ちがあれば「新築」、購入価格をおさえたいなら「中古」という考え方もできます。

◆立地面で比較してみよう

駅に近い市街地エリアはすでに建物が立ち並び、空いている土地はあまりありません。そのため、大規模な開発でもない限り、すでに形成されている都市部に新築を求めるのは難しいでしょう。

そこで軍配があがるのが中古です。特に、「中古マンション」を購入したいときには、利便性の高いエリアに住むこともできるかもしれません。

一方、新築の場合、選択肢が狭くなりやすい傾向にあります。一戸建て住宅を新築で建てたいときには、おそらく郊外と言われるエリアに選択肢が限られることも。「新築がいい」「住みたい地域のこだわりがある」というケースでは、土地選びが難航することも少なくありません。

◆買うときの手間について考えてみよう

新築一戸建ての場合は、すべてをオーダーメイドできる「注文住宅」、すでに建っている住宅を選べる「建売住宅」があります。

注文住宅は、「土地を選ぶ」「建築業者を決める」「どんな家を建てるか打ち合わせする」など、時間や手間がかかり、実際に住むのはかなり先になるでしょう。建売住宅なら、すぐに住むことができ、「注文住宅にするか」「建売にするか」で多少の手間の違いはあるものです。

一方、中古住宅の場合、「リフォーム済」という物件以外は、すぐに住むのは難しいかもしれません。多くの場合、「購入する⇒リフォームする」と時間をかけていくことになります。築年数にもよりますが、「壁紙などを直すだけで住めそう」という物件から、「総合的に直す必要がある」という物件まで、さまざまです。

◆人間関係で考えてみよう

新築の場合、人間関係が形成しやすいメリットがあります。

例えば、「○○ニュータウン」などのように、大規模な分譲地に一戸建て住宅を建てるなら、近隣に住む人みんなが新しい顔ぶれということになります。ファミリーをターゲットにしているような分譲地なら、子育てという共通点が距離感をグッと近づけてくれるでしょう。年齢の近い子供が近所にいるので、子供たちの友達づくりにもぴったりです。さらには、「ママ友・パパ友」も期待できますね。

もちろん、マンションの場合も同じことが言えます。世帯数が多い新築マンションなら、隣近所の関係はみんながゼロから築き上げるイメージ。ファミリー向けの間取りのマンションで親も子供も友達づくりができそうです。

一方の中古と言えば、「隣に住む人が分からない」「地域のコミュニティになじめるか心配」という人もいるかもしれません。

◆新築・中古…メリットとデメリットを比べてみよう

新築と中古のメリットとデメリットを比較してみましょう。

◎新築は…?

新築に暮らすメリットは、「新しさ」を感じられることでしょう。壁紙やフローリング、キッチン、浴室などすべてがピカピカなので、古さが気になることはありません。新しいものばかり使えるので、しばらく故障などの心配はなさそうですね。新しいタイプの設備や資材を使っているため、機能的に満足感が得られるでしょう。

ただ、すべてが新品なので購入費用は高めです。

◎中古は…?

中古のメリットは、なんといっても「リーズナブルな価格」でしょう。近年は、「中古物件購入⇒リノベーション」という住み方も主流になってきています。リノベーションなら、「住みたくないかな…」と思える古い物件でも、設備や間取りの一新で「新築みたい!」と思えるほどに蘇ることも多いです。

ただ、自分が思い描くようなリフォームができないケースもあります。特に、マンションの場合は、管理規約に反するようなリフォームはできないので事前に確認しておくことが大事です。

◆まとめ

「新しさ」にこだわるなら新築ですが、予算や立地で自分好みの物件が見つかりにくいかもしれません。「安さ」にこだわるなら中古が良さそうですが、物件によっては自分の理想を反映させられないケースもあります。 「新築」「中古」と、どちらかにこだわり過ぎると、良い物件を見逃してしまうこともあるので、「新築・中古の両方で検討し、そのなかで条件を絞り込んでいく…」というように、選択肢を広げて家探しを見てみるのもいいかもしれませんね。